お雛様飾り

012017

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ寒い日が続きますよねえ。皆さん風邪とかひかず元気にお過ごしですか?

3月3日は「桃の節句」と言われ、厄を人形に移して祓った「流し雛」の風習がありました。それらが発展し、雛人形を飾り女の子の健やかな成長と幸せを願う現在の「雛祭り」となったそうです。
雛人形は立春(2月4日)頃から2月中旬までに飾ります。飾る前日には桃酒やひし餅などの飾物をお供えします。雛人形は遅くとも3月中旬までに片付けた方が良いと言われています。「仕舞い遅れるとお嫁に行き遅れる」と言い、これは”片づけの出来ない娘はいいお嫁さんになれないよ”という意味で、年長者からの戒めの気持ちがこめられているそうです。
そろそろ店内も春めいて来ました。013

コメントを残す

(必須)
サブコンテンツ

このページの先頭へ